2018.09.29

平成30年9月定例会の概要報告

 ◎平成29年度健全化判断比率及び平成29年度資金不足比率を報告

 地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、平成29年度決算に係る「実質赤字比率」、「連結実質赤字比率」、「実質公債費比率」及び「将来負担比率」の4つの健全化判断比率並びに公営企業に係る「資金不足比率」が報告されました。
三島市では早期健全化基準を超えて悪化している比率はありませんでした。

■健全化判断比率

判断比率の項目 三島市 早期健全化基準 財政再生基準
実質赤字比率 12.42% 20.00%
連結実質赤字比率 17.42% 30.00%
実質公債費比率 6.2% 25.0 % 35.0 %
将来負担比率 14.9% 350.0 %

■資金不足比率
特別会計の名称 資金不足比率 経営健全化基準
水道事業会計 20.0%
下水道事業特別会計 20.0%


◎平成29年度の各種会計決算認定議案(8件)を委員会付託
「平成29年度三島市一般会計歳入歳出決算認定について」ほか6特別会計、1企業会計(水道事業)の決算認定が上程されました。
最初に豊岡市長から決算の概要説明が行われ、続いて、亥角代表監査委員から決算審査の報告が行われました。8件の決算認定議案はそれぞれ所管の常任委員会に審査が付託されました。

◎水道事業会計未処分利益剰余金の処分についてを委員会付託
「議第69号 平成29年度三島市水道事業会計未処分利益剰余金の処分について」は経済建設委員会に審査が付託されました。

◎平成30年度の補正予算5件を可決
「平成30年度三島市一般会計補正予算」ほか4件の補正予算が可決されました。
一般会計の補正については、7億2,107万3千円を増額し歳入歳出予算の総額は352億4,913万7千円となりました。一般会計の主な補正には次のものがあります。

・庁舎建設基金積立金(5,000万円)
・税収入還付金(3,600万円)
・社会資本整備総合交付金の増額内示に伴う事業費調整等によるもの
一般市道整備事業(3,148万円)
西間門新谷線建設事業(3,420万円)
一般橋梁整備事業(2,100万円)
谷田幸原線建設事業(8,687万4,000円)
三島駅北口線建設事業(9,678万2,000円)
下土狩文教線建設事業(▲6,286万円)
・小学校、中学校、幼稚園への空調設備設置によるもの
教育施設整備基金積立金(2億円)
各小学校施設補修整備事業(3,220万円)
幼稚園 園用備品費(850万円)
・予備費(1億円)

◎2件の一部改正条例を可決
1.「三島市地方活力向上地域における市税の特例に関する条例の一部を改正する条例」

2.「教育施設整備基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部を改正する条例」